Sub Image

S-131M 南澤大介 Signature Model

ギタリスト南澤大介氏が長年愛用したS-121SPを基に、よりアコースティックな部分を追求した新シグネチャー・モデルです。
S-121SPのもつ良い部分はそのままに、さらなるアイデアを盛り込んだこのモデルは、ステージやレコーディングで一層の存在感を放ちます。

価格:オープンプライス
受注生産

ボディスタイル グランド・オーディトリアム
カッタウェイ形状 ベネチアン
ボディトップ シトカ・スプルース単板
バック インディアン・ローズウッド単板
サイド インディアン・ローズウッド単板
トップ・ブレイシング XXブレイシング
バック・ブレイシング Xブレイシング
ネック ホンジュラス・マホガニー
指板 エボニー
ブリッジ エボニー(スルーブリッジ)
ナット幅 45mm(カスタム・オフセット)
弦長 652mm
ヘッドインレイ なし
ポジションマーク ドット
ペグ GOTOH/SG381-EN01 GG
ナット材 牛骨
サドル材 牛骨
ブリッジピン なし
出荷時標準弦 Jim Dunlop/DAP1254
フィニッシュ シルクフラット
カラー ナチュラル(NAT)
ケース ハードケース

Specifications

ヘッドストック・デザイン

Headstock
ヘッドストック・デザイン

最小限の装飾によるシンプルで飽きのこないデザイン。ウッドインレイによるモーリス・ロゴとエボニー・カラーのチューニングキーが高級感を演出しています。

オフセット・ナット

Wide String Nut
ワイドサイズ・ナット

通常のSシリーズよりも幅広な45ミリ幅を採用。ソロギターのコードワークのために、すべての弦を6弦側にオフセットしたセッティングになっています。南澤氏のこだわりの詰まった仕様です。

ネック・ジョイント

Neck Joint
ネック・ジョイント

マスター・ルシアーの手作業による高精度なダブテイル・ジョイント。モーリスが一貫して採用してきた接合方式で、サウンドに最も影響が大きく、高い技術力が求められる部分です。

フィンガーボード

Thru Bridge
スルータイプ・ブリッジ

ブリッジ・プレートの後方にストリング・ホールを設けたスルータイプ・ブリッジを採用。ブリッジピンが不要となり、弦交換の容易性、チューニングの安定性を重視したデザインです。

ロゼッタとカッタウェイ

Rosetta & Cutaway
ロゼッタ & カッタウェイ

ウッド・ロゼッタとウッド・バインディングによるナチュラルさを追求したデザイン。なめらかで美しい曲線のベネチアン・カッタウェイはソロギターに求められるハイポジションでの演奏性を高めています。

厳選された材質と極薄塗装

Rosewood Side & Back
サイド & バック

スタンダード・ラウンドバックデザインによる、音抜けとハリのあるサウンド。また、極限まで薄い塗装が可能なシルクフラット・フィニッシュによって、演奏時の肌触りと繊細で開放的なサウンドが得られます。

Dimensions

Morris Guitar Dimensions
A : ギター全長 1,030mm
B : ボディ全長 500mm
C : ボディ幅(上部) 275mm
D : ボディ幅(下部) 394mm
E : ボディ厚(上部・ネックジョイント付近) 95mm
F : ボディ厚(下部・エンドピン付近) 115mm
G : ボディ最小幅 238mm

測定値には若干の誤差が生じることがあります。何卒ご了承ください。

モーリスギターの最新カタログをご覧いただけます

モーリスギター 2023年版カタログ
2023年版 カタログ(PDF:51Mバイト)

ダウンロード

ページの最上部へ戻る